着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とか

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、実家にはたくさんあります。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。

いまどきの買取は、ある程度のシミであれば、業者に染み抜きの専門家がいるので、買取になる事例が多いそうです。

といっても、お値段は「相応」のものになります。

自宅の建て替えに向けて昔のものをいろいろと片付けていますがその中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。

手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く目立った傷みもなく買ったときとほとんど変わらないでしょう。

着物買取業者の案内を調べてみると反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

うちでは仕立てることも着ることもないでしょう。

買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持参するのに苦労しますね。

そんなときこそ、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、業者が個々に定める分量に足りない場合は利用できないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、それ以外に着る機会はありません。

着られる時期にも限りがあります。

そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、着なくなったら、専門の業者に買い取ってもらうのもせっかくの着物を生かす良い方法ではないでしょうか。

買取価格は業者次第ですが、もともとの生地や仕立ての良さ、保管状態によって数千円から生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

無料相談や査定を行っている業者も多いので、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。