着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を少しずつ整理しています。その中で形見

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で形見分けできない着物は相当の枚数でした。

処分を決め、買取業者を探してみると梱包しなくても、電話すれば無料で買取用の車を出すところも当たり前のようにあってびっくりしました。

着物はどれも重いし、かさばるのでこれをお店にどうやって運んだらいいのか、とみんなで話していたので、実にありがたい話です。

つい最近、祖母の形見だった着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

祖母の形見ですが、着る人もなく着ないまま持っているのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

いわゆる作家ものの着物はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかとけっこう悩んでいました。

傷んでいるところも何カ所かあるそうで、買い取りできないときはどうしたらいいのかなどと、いろいろ考えているみたいです。

まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。

傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。

そんな話をすると、友達は業者に見せるのをあっさり断念したようです。

着ることがなくなった着物は思い切って、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

流行り廃りのない紬の着物などは、大柄の黄八丈のような着物でも、種類を問わず買い入れてくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬だけでなく、作家物や一般の友禅染の着物なども買取対象です。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。