着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めてい

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。

着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ電話でのやりとりだけでどこまでも買取の車を出してくれるところも何軒かあると知りました。

売りたいものを全部まとめると大変な数で一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と困り果てていたところで、実にありがたい話です。

着物の管理は、忙しい人にはかなりの負担なので着る機会がなくなってしまったら手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方が賢明だと思いますよ。

初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか決めるのは難しいと思いますが、インターネットの検索を工夫して自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。

保管状態がいいかどうか、製作者は誰かなどいろいろな観点から査定されますが第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。

着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。

袖を通したことはなくても、経年劣化は多少なりともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、と思う着物は買い取りに回しましょう。

一日でも早く買取業者に見せましょう。

着物のブランドはたくさんありますが、買取で常に価値があるのは産地がその名につくブランド品です。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような昔から着物好きな方に愛されてきた有名産地の品なら買い手も多いので査定額も平均して高いようです。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。

着物は日本が誇る美しい衣装ですが、保管だけでも、思いの外大変ですよね。

一斉に虫干しをして間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、時間も体力も使います。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。