着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で高

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

一度も着用されないものであっても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

未使用だから絶対高値というわけでもなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物をお持ちの方、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に提出することをすすめます。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと証明として発行された登録商標のしるしです。

買ったときに証紙を捨てる方だの言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、どんな流れで買取を進めるのか、業者のホームページで調べたのですが、着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、その場で梱包してくれる業者、指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も選べるくらいありました。

自分に合った買取方法を調べると、持ち込むのも負担ではない枚数なので近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんでその場で買取が終われば一番楽だと考えています。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

私が最近聞いた例では、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、アポ無しで来て、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあって、たしか新聞にも載りました。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく各種和装小物も買い取るところが多いのです。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうといろいろな品を仕入れることができるので査定価格を高目におまけしてくれるといった裏技があります。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば着物を送る際、一緒にして宅配で送り、無料査定を受ければ場所をとる小物を片付けながら、お金も手に入るでしょう。