着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取に査定してもらうときは、

着物買取に査定してもらうときは、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要は少ないからです。

事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、数は少ないですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そちらを当たってみるのも手でしょう。

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に困っている人は少なくないでしょう。

ただ、いまは和服専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

しまい込んでいた高価な着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。

無料査定のところも多く、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。

正絹のものなど意外な高値がつくかもしれません。

祖母が遺した着物があったので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、私がこのまま保管しておくのも着物にとっていいことではないだろうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で付加価値がつくとは限りません。

未使用の着物であっても保管している間に経年劣化して、時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。

もし、未使用で今後着る予定がないなどの着物があれば幸い、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。

着物など値の張るものを買取に出す際、気になるのはやはり価格ですよね。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

しかし中古品といっても和服の場合は、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、ひと括りにできないところがあります。

姉妹で同じ着物を売ったとしても、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。

和服専門の査定士を置く業者さんに査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。