着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったの

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですがリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと周りに聞いて回っています。

素人が見てわかるくらいの傷みもあるので、査定しても値がつかないかもしれないと思うので、余計悩むようです。

確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。

素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をあっさり断念したようです。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なく私がこのまま保管しておくのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

いわゆる作家ものの着物はなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

具体的に処分を考えたら、高値で買い取ってもらうために和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。

たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良いお店をいくつか選んで、複数のところに査定してもらい、比べてみるのをおすすめします。

買取値や査定理由が明確なところを選ぶと満足のいく結果も出やすいと思います。

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが高値になり、汚れや傷みがあると、査定価格から差し引かれ、ときには引き取ってもらえないこともあるみたいです。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

量的に無理でなければ、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、買い取りを断ることも簡単です。

対面ですからわからないことも聞けますし、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。

また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、持ち込みで2、3着みてもらって、これなら大丈夫という引取業者に出張査定をお願いするというのもありですね。