着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうと相談を持ちかけてきました。

すれや傷みもあるということで買取を断られたらどうしようなどと、いろいろ考えているみたいです。

確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。

傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。

そんな話をすると、友達は業者に見せるのをあっさり断念したようです。

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取をする業者が増えてきているようです。

ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気になるのは、買取にみせかけて、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった不法な商売をしている場合もあるという事実です。

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地がその名につくブランド品です。

大島紬や本場黄八丈に代表される、昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドなら欲しい方が多いので高値がつく可能性は高いでしょう。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことは着物買取の常識です。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、量が多かったり、お店が近所になかったりすると、持っていくだけで大仕事になってしまいます。

それなら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと受け付けないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

たいていの着物は高価な買い物だったと思います。

買取に出すときは、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、安値で買われてしまうこともあります。

よくある和服買取業者への苦情といえば、不当な安値での買取りが一番多いです。

また、査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。

あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、依頼するようにしましょう。

それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、トラブル防止に役立ちます。