着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

つい最近、祖母の形見だった着物を売ることになり、買取

つい最近、祖母の形見だった着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

祖母の形見ですが、着る人もなくこのまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、売却を考えるのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

大事な場面で着た思い出や思い入れもあると思います。

送料無料で査定してくれる業者もありますから、できれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、売れなかったらどうなるのかな。

そう思うのもわかります。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値で売れる可能性があります。

現代の作家の作品や、最近織られたブランド品は裄丈など、サイズが大きめに作られているので中古市場で高値をつけられるからです。

箪笥の中の古い着物の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。

最近は専門の買取業者さんというのが増えているのをご存知ですか。

大事に保管してきた着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。

業者の多くは無料で査定しますし、依頼してみる価値はあると思います。

それに、丁寧に保管していたものは意外と良いお値段になることもあるようです。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、ぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している登録商標になっています。

これを捨ててしまったり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますのでなんとか探し出してください。