着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

タンスの肥やしになっていた着

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるので税法上も案外複雑です。

金額が多く気になる場合、確定申告の必要があるかどうかを知るために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて悩んでいる人はいませんか。

いまは和服専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

ずっと寝かせていた着物類ですが、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。

査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、依頼してみる価値はあると思います。

正絹のものなど意外な高額査定が受けられる可能性もあります。

要らなくなった着物を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士を置く業者さんに値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なくただタンスの奥で眠らせておいても祖母の本意ではないでしょうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたがいわゆる作家ものの着物はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、どんな流れで買取を進めるのか、業者のホームページで調べたのですが、本や洋服を売るときと同じ流れのようで、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も複数あるようです。

自分の場合を考えると持ち込みができないほど大量でもなく近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。