着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

本格的な振袖を着るのは成人式が

本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、その前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、大事に持っているのは当然という人が案外いるようですが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら着物の買い取りに回すとこれからの自分のためかもしれません。

買ってから日が浅く、ものが良ければ思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。

箪笥の肥やしになっている古い着物。

整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見の品でもあるしと思うと、適当な処分先が見つからず放置してきました。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、びっくりしました。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。

とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですがかさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫で業者はたくさんあり、どこが良心的なのかなかなか人に聞くこともできなかったので実にもったいないことをしていました。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も結構あると聞いています。

大手から専門的なところまでいろいろあるので、細かいところまでサービスを調べて何とか見つけたいと思っています。

要らなくなった和服を買取に出すとき、引取り額がわからないと不安になりますね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

和服専門の査定士を置く業者さんに査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、そうそう何度も着られるものではありません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、買取業者に引き渡すのも大事な着物を有効活用する道です。

買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。

いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますので相談や査定は多くの業者が無料で行っています。

複数の業者にあたって、自分が納得できたら手放すといいでしょう。