着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の査定を受けると

着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出することをすすめます。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している登録商標のしるしです。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方やありかがわからないという方もいるそうですがないと自分が損をすると思いますのでなんとか探し出してください。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も思いの外、多く見かけます。

それでは、売れやすい着物は何なのかと誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。

訪問着で、手放してもいいものがある方は、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。

着物買取の値段を決める要因は、というと着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

もとは最高級の着物だったとしても、査定時に汚れや、カビをチェックされると絶対高値はつかないのが仕方ないと思ってください。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取できるかもしれません。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにその道のプロに見てもらうことをすすめます。

このごろ、着物専門のリサイクル業者の広告をよく見かけるようになりました。

箪笥の肥やし状態で放っておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、糊や洗剤による劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。

きちんと保管されてきた良い着物は専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買取してもらうと良いですね。

着物を着ると、日本人であることを実感しますがお手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しで空気を通し、和紙を挟んでから形通りに畳み、桐箪笥に戻してまた保管などと十分手間をかけないと状態を保てません。

そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

着物を処分したい。

できれば買取を利用してお金に換えたい。

でも売れなかったらどうなるのかな。

そう思うのは当然です。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

素人が買取価格を予想するのは無理です。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は結構な値段で売れることも珍しくありません。

比較的新しいブランド品は昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので需要があり、業者が手に入れたいのです。

最近はリサイクルが浸透してきたおかげで、着物の買取を行う業者が増加する傾向にあります。

業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気になるのは、着物買取を謳いながら、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった詐欺ともいえることを行っている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。