着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物で

着なくなった着物でも、処分する際に一番気になるのは買取価格でしょう。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

とはいえ着物類は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

和服専門の査定士がいるお店に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の広告がよく目につきます。

箪笥の肥やし状態で放っておくと、クリーニングして袖を通さないでいても、劣化は避けられないので価値が下がってしまうのです。

状態が良く新しいものは、高額査定になる場合もありますから、思い切って早めに買取してもらうと良いですね。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば大幅に安くされるのが普通の結果なのです。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買い取ってもらえるチャンスはあります。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

その道のプロに見てもらうことをすすめます。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。

着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、その場で梱包してくれる業者、箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も選べるくらいありました。

私の場合はどうしようと思いましたが持ち込むのも負担ではない枚数なので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、その場で査定から換金まで済ませたいと思います。

不要な着物を処分した結果、総額で結構な値がつくこともありえます。

確定申告が不安になることもありそうですね。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され有償で譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるのでいろいろなケースが考えられます。

不安を取り除くためには申告漏れのトラブルを避けるためにも申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

愛好者の多い紬などは、結城や牛首のような品でなくても、産地・種類を問わず買取してくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

それ以外には、訪問着や趣味的な汕頭着物なども買取対象です。

検討する価値はありそうです。

和服や和装小物の買取といえば、このごろは宅配を利用するものが多いようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

高級品や袖を通していないものもあるので、まともな業者さんに預けたいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、それを掲げている業者さんに査定依頼する予定です。

広告を非表示にする