着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の値段を決める要因は、という

着物買取の値段を決める要因は、というと着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

着物としてどれほど高級だとしても、査定時に汚れや、カビをチェックされると大幅に安くされるのが普通の結果なのです。

ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、それなりの値がつくこともあり得ます。

どんな場合も、安易に決め込むのではなく、まず無料査定にかけてみるのが一番です。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、これから利用する人は気をつけましょう。

たとえば、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあるのです。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

古物商の届出が出ている業者は、家に押しかけて居座るようなことはしません。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

そう思うのもわかります。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるのでプロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で高値がつく可能性も十分あります。

ブランド品でも最近のものは昔の品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。

着物が未使用でさえあれば、それだけで価値があるというわけではありません。

どんな生地、色柄も、少しずつ劣化していくこともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。

使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

もし、未使用で今後着る予定がないといった着物がご自宅にあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

保管も手間がかかることが多いので、買取業者に引き渡すのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

参考までに、価格は品質と現状をみられて数千円になる場合もあり、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

送料無料で査定してくれる業者もありますから、何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

先日のことですが、祖母の遺品である着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、誰も着ないのにとっておくのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

虫干しは定期的に行い、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで念を入れた手入れが必要です。

もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば買取を考えてもいいのではないでしょうか。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、お手入れの負担も少し軽くなります。