着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服を売却す

和服を売却する機会はそうそうないでしょう。

具体的に処分を考えたら、安値で買い叩かれないためにもネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。

買取実績もあって評判も悪くない買取業者を見つけたら、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べてみるのをおすすめします。

仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、損することなく良い売却結果につながると思います。

もしも、着物の買取を依頼する際に、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすれば何とか高く売りたいと思う方は、できればお店へ持って行きましょう。

査定の結果に満足できなかったときに後で他のお店に回ることもできるからです。

いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張でも無料査定を行い査定の結果に納得いかなければキャンセルできるときちんと明記しているか、調べてください。

毎年毎年、仕舞ったままの古い着物を処分できやしないかと考えるのですが、祖母や母の思い出があるしと、適当な処分先が見つからず放置してきました。

先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのにはビックリしましたよ。

流行りみたいで。

産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、そこはやはり専門店ですから、大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持参するのに苦労しますね。

困ったときは、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと利用できないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく和装小物も売るように勧められると思います。

そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでいろいろな品を仕入れることができるので全部合わせて高めに査定してくれるといった裏技があります。

和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものを痛まないように注意して、着物と一緒に宅配便にし、査定してもらうと不要品の処分と、買取が同時にできます。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても必ずしも高値がつくものではありません。

どんな生地、色柄も、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化しもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物をお持ちの方、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

基本的に、着物の買取価格を決定する大きな条件は、着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

もとは最高級の着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば絶対高値はつかないのが当然といえば当然です。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取できるかもしれません。

どんな場合も、安易に決め込むのではなく、無料査定で可能性を探ってみましょう。

広告を非表示にする