着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

わが家もとうと

わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物がいくつか見つかりました。

手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く外側だけ見ましたが、傷みはなくてきれいなままで残っています。

ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、多くは反物も買い取っていることがわかりました。

今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。

自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、最大の関心事は売れるとしたら、納得のいく価格になるかということでしょう。

果たして相場があるのか?と思うでしょうがこれが相場、という基準はありません。

素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってその一枚の買取価格が決まります。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。

多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も少なくありません。

着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、査定だけでも受けてみることをおすすめします。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく見かけるようになりました。

もとは高かったからと出し渋っていると、きちんと管理しているつもりでも、染料そのものの劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。

きちんと保管されてきた良い着物はリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。

女子にとって、成人式の振袖は忘れられない思い出や思い入れを持っているもので、大事に持っているのは当然という人が多数派なのでしょうが、着る機会は多くないので、それがなくなってしまったら売ってお金に換えた方がすっきりするのではないでしょうか。

保管状態によりますが、生地や色柄が良ければ思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。

祖母が遺した着物があったので着物買取専門のお店に持って行きました。

私たちが何度も着るような着物はなく、私がこのまま保管しておくのも祖母の本意ではないでしょうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

以前は街の質屋さんでは着物を扱うことが珍しくなかったのですが、現在は扱うところとそうでないところがあるので、近いからといって持ち込む前に、確認したほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

わざわざ遠くの専門店に行かなくてもウェブ検索で見つけられます。

手間をかけるだけの価値はあると思います。

広告を非表示にする