着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自宅で着物を保管する

自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。

着る人がいなくなった着物など、買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのが賢明だと思いますよ。

どの業者が良心的なのか、身近に経験者がいないときにはこの分野のランキングサイトもあるので自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。

保管状態がいいかどうか、製作者は誰かなどいろいろな観点から査定されますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。

どうにも着る機会がない着物の管理に悩んでいませんか。

着物は着るべき時に着るもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので他の着物より格段に手がかかります。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

箪笥の中の古い着物の処分に頭を悩ませている人は多いでしょう。

近頃また和服ブームで、専門買取業者が増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。

大事に保管してきた着物でも、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。

業者の多くは無料で査定しますし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。

紬や訪問着など案外、高額で引き取ってもらえるようです。

この間、祖母が着ていた着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、私がこのまま保管しておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着る人のいない和服を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、ひと括りにできないところがあります。

また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士を置く業者さんに査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのかそこから調べるのかと思って、結局処分に踏み切れませんでした。

最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者もちょっと探せばあるようです。

業者間の差もあるようなのでうちの着物を高く買い取ってくれるところを手間ひまかけて探すつもりです。

全く袖を通したことがない着物でも、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

どんな生地、色柄も、保管している間に経年劣化して、状態の悪化はどうにも避けられません。

使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

もし、未使用で今後着る予定がないと思う着物は買い取りに回しましょう。

少しでも早く査定を受けることをおすすめします。