着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

仕事で和服で

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、処分する際には、高値売却のために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くない買取業者を見つけたら、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比較します。

買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、損することなく良い売却結果につながると思います。

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますが送るときには、最後まで気を遣ってください。

着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?リサイクルショップに家電を売るときと同じく、このような品質を保証するものは言うまでもなく、その有無によって買取価格はかなり違うと考えてください。

残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

はじめはレンタルを考えていましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。

その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。

これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。

七五三で着る予定はありますが、高く売れるうちに手放したいと思っています。

着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるならどちらを選んだ方がいいかといえば、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。

もし納得いく査定額でなかったとき、保留にして他のお店に行くこともできるからです。

お店が遠いなど、持ち込みができない場合、出張査定は無料サービスで査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も結構あると聞いています。

業者間の差もあるようなので自分の希望に合ったサービスを行うお店を何とか見つけたいと思っています。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく和装小物も売るように勧められると思います。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をするとトータルコーディネイトもできるので査定価格に若干上乗せしてくれるといった裏技があります。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば着物を送る際、一緒にして宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば場所をとる小物を片付けながら、お金も手に入るでしょう。

着る人のいない和服を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

ただ、和服は特殊な存在で、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

例えば同じ種類・状態の着物なら、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。

和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

広告を非表示にする