着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の前に査定

着物買取の前に査定をするわけですが、そのときぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、一定の基準を満たした製品であることをはっきり証明するための登録商標のことなのです。

この証紙を捨てる方や所在不明という方も実際にいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定のときには揃えておいてください。

毎年毎年、仕舞ったままの古い着物を整理したいと思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。

先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのには内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、着物専門のお店なら、大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

一斉に虫干しをして和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、十分手間をかけないと状態を保てません。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば買取を考えてもいいのではないでしょうか。

着ない着物を生かすことにもなりますし季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。

着物買取の値段を決める要因は、というと着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

もとは最高級の着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかればほとんど値がつかないというのが普通の結果なのです。

ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、買い取ってもらえるチャンスはあります。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

その道のプロに見てもらうことをすすめます。

古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに頼んだら良いのかお困りの方も少なからずいらっしゃるでしょう。

そのようなときは、ネットで着物買取業者を使うと手軽で良いと思います。

ネットで査定・買取依頼をすると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。

高価な和服を預けるのですから、品物と相場の両方がわかる査定士さんがいる店を選ぶことが大事なポイントです。

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取をする業者が増えてきているようです。

ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、利用する上で注意しなければいけないのは、本当は営業実態がなくて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような詐欺ともいえることをしている業者もあるという事実です。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、売れないと恥ずかしい。

そんな方もいるでしょう。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

素人が買取価格を予想するのは無理です。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、高値での買取を期待していいでしょう。

比較的新しいブランド品は昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので仕入れておけばすぐに売れるからです。

広告を非表示にする