着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

友人の祖母が亡くなり、形見

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうとけっこう悩んでいました。

長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないこともあるのかななんて心配もあるようです。

確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。

素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

そんな話をすると、友達は業者に見せるのをあきらめて、別の処分方法を考えるようです。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、本来の価格が低いですから、専門店では安値になってしまうか、最初から除外しているところもあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買取価格がつくことも多いと思います。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたら着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。

新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる期待も持てます。

流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば思いがけないお宝になるかもしれません。

反物も一反あれば買取可能なのが普通です。

反物一本だけでも、ぜひ業者の査定を受けてください。

振袖と言えば成人式ですが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、売るなんて考えられないという人も聞けば相当多いのですが、着る時期を過ぎてしまったら、売ってお金に換えた方がいろいろな問題が片付くでしょう。

色柄がきれいで、上質の素材であればそれなりの評価が期待できます。

今の自分に、役立つものを買えるはずです。

不要になった和服などがあれば、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、産地・種類を問わず買取してくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、作家物や一般の友禅染の着物なども広く取り扱っているそうです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。

着る機会がなくなってしまったら手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がみんながすっきりすると思います。

初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか身近に経験者がいないときにはインターネットの検索を工夫して自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。

着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますが状態が良ければ、大幅な減額はないと考えてください。

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、これから利用する人は気をつけましょう。

私が見聞きしたところでは、出張査定(買取)を頼んだら、事前連絡なしに家にやってきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあるようです。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

古物商の届出が出ている業者は、このような行為は無縁でしょう。