着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人のいない和服を処分するとき、一番

着る人のいない和服を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。

相場があれば知りたいというのも当然です。

とはいえ着物類は、状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

和服専門の査定士がいるお店に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。

このような品質を保証するものはあるかないかというだけでものの価値は相当違ってきますから、着物の一部と考えて宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえればすごく得をした気分ですよね。

新しくて傷みがなければ、高値買取のケースも珍しくありません。

流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば査定価格にびっくりすることもあるかもしれません。

反物も一反あれば買い取ってくれるところがほとんどです。

仕立てる予定のない反物も査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類をどうにか処分したいとは思うのですが、祖母や母の思い出があるしと、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、着物専門のお店なら、古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

小物も同時に買い取りたいのがわかります。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうといろいろな品を仕入れることができるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという宣伝をしているところもあります。

着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類も着物を送る際、一緒にして無料宅配査定のサービスを利用すれば不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、喪服に対する需要はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それを理解した上で、買取を希望するなら、数は少ないですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、そちらを当たってみるのも手でしょう。

着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ないとわかっている着物は、一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が賢明だと思いますよ。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので身近に経験者がいないときにはインターネットの検索を工夫して業者探しの参考にすることをすすめます。

着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。