着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなって持て余しぎみの着物

着なくなって持て余しぎみの着物を片付けたいと考えながら、どこに持ち込んだらいいのかお困りの方も少なからずいらっしゃるでしょう。

でしたら、着物買取のネット業者を利用すると手軽で良いと思います。

業者のサイトから申し込むだけで、宅配便の送料が無料になったりするのでお得ですね。

また、高価な和服を預けるのですから、品物と相場の両方がわかる査定士さんがいる店を選ぶことが大事なポイントです。

着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知り家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。

思ったより使い勝手は良いようで、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も選べるくらいありました。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

買取に出す枚数を考えると近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですがリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと相談を持ちかけてきました。

長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないときはどうしたらいいのかなどと、いろいろ考えているみたいです。

そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。

そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのは止めることにしたようです。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば産地がその名につくブランド品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドなら欲しい方が多いので査定でも高値を期待できます。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということは着物買取の常識です。

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も多いでしょうし、今後増えるでしょう。

リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買ってくれる人がいれば売りたいですね。

さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、まずは友禅市場に問い合わせてください。

全国どこからでも送料無料、査定料もかからないのです。

見積りだけの利用もできます。

身近に着物を買い取ってくれる店舗がない方も、この店のことを調べてほしいと思います。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、元値が低いため、中古買取でも良い値がつかず、最初から除外しているところもあります。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、引き取ってくれる可能性が高いと思います。

もう着ない着物も、買取で高値がつけばタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

まずは新品同様であれば、高い値がつく期待も持てます。

柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば思いがけない高値で売れることもあります。

反物の状態であっても着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。

仕立てる予定のない反物も無料査定や相談を利用してみてください。